都市型新築アパートとは?

様々な収益物件を、お探しの不動産投資家の皆様へ

収益物件をお探しの中で、地方・中古物件、区分マンション、新築狭小建売アパートなどに、このようなリスクを感じられたことはございませんか?

RISK 01

利回りは高いが、人口減少&土地値下がりリスクを感じてしまう。

RISK 02

空室期間が長く、家賃下落により想定利回りを下回りそう。

RISK 03

銀行の融資期間が伸びず、キャッシュフローが出ないのでは?

RISK 04

銀行からフルローンの承諾を得るも、高金利で、金利上昇リスクを感じてしまう。

RISK 05

築年数が古く、地震での倒壊リスクを感じてしまう。

RISK 06

経年劣化による、修繕リスクを考えてしまう。

RISK 07

区分所有は、手残り金額が少ない。

RISK 08

狭小建売アパートは、利回りは高いが、入居者の回転が速く、直ぐに退去しそう。

RISK 09

狭小建売アパートは、売却時に次の投資家から、価格をたたかれそう。

モダンアパートメントでは、投資家の方から地方・中古物件&建売狭小アパートの購入に対し、フルローンが組めるからと購入を決められたものの、購入後、家賃下落、入居率の低さ、かさむ修繕コスト、売却を試みるも、希望価格で売却できず、といったお困りのご相談を、多数受けてまいりました。

そうした経験から、将来不安が残り、リスクの高い地方・中古物件、狭小建売アパートは、お薦めしておりません。初めての方でも、安心してお取り組み頂ける不動産投資として、土地から始める都市型新築アパートをご案内しております。

お勧めする5つの理由 安心・安定した不動産投資のために

1 本業以外で、安定収入

公務員、医者、サラリーマン、自営業といった本業をしながら、新たな副業として賃貸事業経営を行うことが可能。オーナーとして外部業者にアウトソーシングすることでローリスク&ミドルリターンを実現します。

2 最終的に土地を残せる、資産性

新築から30年ローン返済後に建物が経年劣化し、解体しても最終的に土地を残せます。その後、建替え、売却、相続と資産を活用することが可能です。

3 年金対策

支給額減少傾向。受給年齢の引き上げの可能性が高まる中、公的年金だけで豊かなセカンドライフを送ることは困難が予測されます。不動産投資は、引退後の私的年金として大きな力を発揮します。元本割れのリスクがある株式投資や投資信託と違い、アパート経営は固定資産があり、投資資金が無くなる可能性が低くなっています。

4 生命保険代わり、節税対策

アパート購入のためのローンには、「団体信用生命保険」が組み込まれています(個人の場合)。オーナーに万一のことがあった場合、ローンの残額は「団体信用生命保険」で完済され、ご家族には借金のないアパートと毎月の家賃収入を残すことが可能です。個人的に生命保険に加入しなくても、アパート経営そのものが生命保険の代わりになります。法人の場合、所得税&相続税対策に有効です。

5 出口戦略が容易

弊社の企画する都市型新築アパートは、地方・中古物件に比べ入居率も高く、住宅性能評価 劣化対策等級2級を取得していることから、30年ローンが可能です。中古であっても、融資期間は(30年-築年数)と長く組める為、不動産投資家の購入ニーズにマッチし、売却が容易です。したがって、売却によるキャピタルゲインが見込めます。