FAQ

皆さまから寄せられる質問とその回答を掲載しております。
ご不明な点がございましたら、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

アパート経営と株式などの金融商品との違いは?
まず一番の違いは、モダンアパートメントでのアパート経営がローリスクかつミドル&ロングリターンであることです。弊社では毎月のローン返済額よりも家賃収入額の方が多くなるよう、債務返済倍率(DCR Debt Coverage Ratio)が1.3倍以上となる資金計画を立て、安定したキャッシュ・フローをお受け取り頂くことを、最優先しております。またローン完済後には家賃収入がそのまま収益となり、さらには無担保の土地を資産として手元に残すことができるため、株式などと違い、投資資金がゼロになる心配はありません。
アパート経営と区分マンション投資の違いは?
アパート経営は土地と建物を1棟全て所有して運用することが基本ですが、区分マンション経営は、その多くが1室ごとの区分所有となります。アパート経営は複数の部屋を所有することで、空室のリスクを分散し低減できるほか、建物が老朽化しても、定期的なメンテナンスを施せば長期にわたって維持することが可能であり、また価値のある土地が資産として残ります。区分マンションの場合は、金融機関の評価が出にくいこともあり、キャッシュフローがマイナスとなることも少なくありません。
収益利回りの平均目線は?
  木造アパート 鉄骨&鉄筋コンクリート造
東京都23区内 7.0~7%台前半 5.0%~6.0%前後
大阪府&兵庫県 7.5%~8.0%前後 6.5%~7.0%前後
横浜市内 7%台前半~8.0%
千葉県の一部 8.0%前後
また昨今は、建築費の高騰につきご案内できる物件は、限りがございます。弊社では、立地選びこそが全てと考え、賃貸需要の高い立地を厳選しておりますので、表面利回りの高さのみを売りにはしておりません。
無茶な営業はしてきませんか?
弊社ではお問合せを頂いたお客様へのみ、ご連絡を差し上げる、『100%反響』での営業活動のみです。飛び込みやアポイント無しでの会社連絡など、購入意思のないお客様へのご連絡は一切致しておりません。お客様のほとんどが、ご紹介やリピーターの方ですので、ご安心ください。
必要な収入、自己資金は?
初めての不動産投資の方
年収500万以上、自己資金 500万以上、既存借入無し
2件目以降の不動産投資の方
年収700万以上、自己資金 総事業費10~15%、既存借入5億円以下
※注意:各金融機関によって、詳細は異なります。
金融機関の条件は?
都市&地方銀行
金利1%前後、自己資金 総事業費10~15%前後、融資期間30年
ノンバンク
金利2.3%~、自己資金 フルローン~総事業費10%前後、融資期間35年
※注意:各金融機関によって、詳細は異なります。
スケジュールは?
土地契約~決済 1~3か月
設計~確認申請受理 3~4か月
工事期間 4~5か月
トータル およそ9~12ヶ月
工事中の金利は?
土地購入からのプロジェクト型の場合は、土地購入後~工事期間中の期中金利についてはお客様負担となります。(平均4~6月分)建物完成後に引渡しの、仕上がり型の場合は、弊社負担となります。
地盤、建物などの保証内容は?
各地盤業者による地盤保証10年を取得。瑕疵担保保険+10年間 長期建物保証を取得。
賃貸管理について空室対応や募集スタイルは?
全媒体ネット掲載OK!フルオープンでの募集。広告料は、全て客付け業者へ支払います。(お客様からの広告料を、管理会社として客付け業者と折半することはございません)
入居者の滞納などあった場合は?
滞納保証会社での入居審査をおこないます。
将来的な売却を考えたい場合は?
出口戦略の立案から、弊社顧客&提携不動産業者への内々での情報提供等。サポートさせて頂きます。

資料請求・お問い合わせ